総会報告

 2018年 第42回定期総会報告
    ★来賓挨拶 小前孝夫さん(大山酪農農協組合長)
★議事  前年度報告・会計報告・新年度予定・新年度予算案・新年度役員・常任委員全て承認されました。
★生産者のお話 酪農家 真山健太郎さんのお話   
 
来賓挨拶 
 第42回食と環境の未来ネット総会、このような盛会に開催されます事を心からお祝いを申し上げます。
 日頃大山乳業の製品をご利用いただき、厚く感謝を申し上げたいと思います。
大山乳業農協組合は昨年70周年を迎え、役員改選の年で、組合長が変わりました。私、第39回の定期総会にもお招きいただき、今回名古屋に来るのは2回目です。
 2013年から続けて、貴会の広報誌「未来ネットだより」をお送りいただいております。一見素朴に見える広報誌でありますが、内容が食品他、いろいろな情報を科学的に検証されて、それを会の皆さまへ良い情報を提供されていらっしゃる。中でも三世代ファミリー日記は、非常にコミカルな中にも様々なテーマを的確に表現されて伝えておられる。私も、好きなコーナーで、読むのを楽しみにしています。
編集に対して、大変でご苦労も多いんじゃないかと思いますが、ご努力に敬意を表したい。
 より良い食品、良質なものを求められている未来ネットさんと取引させていただいている、わたくしたち大山乳業も光栄に思います。
 生産者も品質管理に日々努めている次第で、後ほど組合生産者の真山からお話させていただきます。
 
小前孝夫さん
(大山酪農農協組合長)
 鳥取県の取り組みを週刊文春(5/17号 ↓)が取り上げてくれました。
 牛の健康診断つまり牛群検定ですが、毎月行っております。これは義務ではないため、都府県によって比率にばらつきがあります。私共鳥取県はなんと100%、つまり鳥取県内全部の牛を検査しているということです。実際には体細胞数を始めとした検査数値も全国平均よりはるかに低く優れているということ。記事中ほどの「牛乳は、牛が快適にかつ健康的に過ごせているかどうか、そして鮮度が大切である」と述べられています。鳥取県内の酪農家の乳はすべて大山乳業が集乳し、システムはしっかり整備をしていて、鮮度についても管理が行きとどいております。
 今後も驕ることなく生産力基盤の強化、また製造管理向上に努めていきたいと思っております。今後もノンホモ牛乳の輪を広げて頂きたいなと思います。
 終わりになりますが、当会が実のある会の発展につながるよう祈念いたしまして、また本日ご出席の皆さまのご健勝をお祈りして、本日のお祝いの言葉と致します。

週刊文春2018年5月17日号の記事
酪農家 真山健太郎さんのお話は6月アップ予定

▲上に戻る
HOME
閉じる